Trouble Surfboard by Kei Okuda

Trouble Surfboard is the customize and alternative surfboard brand

who needs enjoy with free mind and feel nature and art.

Kei Okuda is a surfboards shaper, born in Hamamatsu, Shizuoka Japan.

He started to play skateboard in age 10, and then he touched "street culuture"

when he's at junior high and high school days. Of course,

he have been started surfing from these days.

He moved to Katagai,Chiba when he was 23 years old,

and now he still surfing with free mind and shaping there.

He studied about shaping surfboard at overseas as Baylon Bay, Gold Coast.

and now he has own atelier named "Darkhorse 13 garage" from 2012.

He also goes California to judge himself about his style or mind set.

Trouble Surfboard は自分らしくサーフィンを

楽しみたい全ての方に向けた

オルタナティブ・サーフボードを

オリジナルで製作・販売しています。

サーフボードシェイパーである奥田慶は

静岡県・浜松市出身

彼は、10歳の頃よりスケートボードを通じて、

アメリカのストリートカルチャーに

多大なる影響を受け、その文化の自由さと

個性に感動し、10代を過ごす。

カリフォルニアのストリートカルチャーは

彼に多大なる影響を与え、

今でも自分のサーフボードの

テストライドはもちろんのこと、

サーフィンをライフスタイルと考えた時の

マインドセットをする場所として

​足繁く西海岸のビーチへと赴いている

サーフィンに関してもその中で自然と興味を持ち

楽しむようになり、毎日海に入った。

23歳の時、良質な波を求め、

千葉県九十九里・片貝に移住し、

サーフィンをしながら独創的な発想で

サーフボードを作り始めました。

その間、オーストラリア・ゴールドコーストの

Byron Bayをはじめ、

様々な地域でサーフボードの構造から波との相性、

もちろん乗る人が「何を楽しみたいか」など

一人一人にあったサーフボードづくりを

シェイパーとして学びました。

彼は日本で2012年に "Darkhorse 13 garage"

というシェーピングのためのアトリエを設け、

今も著名人・クリエイターからビギナーまで

国籍や性別を問わず、彼のボードを愛用している。

"Relax,Easy,Fun and Speedy"

Our Surfboard is nothing to compare and second to none.

We will make a surfboard as a one of a body.

Inspired and much respect 70's vintage fish boards.

"Relax,Easy,Fun and Speedy"

僕の作るサーフボードは唯一無二。

なぜなら一人一人のお客様とじっくりお話をして

楽しんでサーフィンをするための全ての要素を

一本のサーフボードに込めていますから

ボードデザインは、ヴィンテージにリスペクトを込めた

​フィッシュを中心に様々なお客様の要望にお応えしています

-Kei-

© 2020 keiokuda.com all rights reserved.